メニュー 閉じる

給料日前にカードローンを上手く使ってやりくりする方法とは

給料日

出費が多かった月の給料日前は、お金の面で非常に厳しいものです。私も飲み会に誘われても、持ち合わせのお金がなくて断ってしまった事もあります。ただカードローンを持つようになってからは、そんな心配も少なくなってきたんです。カードローンも借金ですし高金利ですから、お金がない時ほど使っちゃいけないと思われがちですが、上手くやりくりすれば節約になったりもします。

どうでもいいような飲み会なら給料日前の金欠時は断ってもいいでしょうが、避けられない出費もあるでしょう。そんな時に高金利のカードローンではなくて銀行から融資してもらう方法があります。

私も前はそうしていましたが、5万円とか少額だけ必要という時は恥ずかしいですから、ついつい20万円とか必要がない分まで借りてしまいます。そして借りるにもさまざま経費がかかりますし、給料が入ったら一括返済しようと思っても繰り上げ返済手数料がかかるんです。

カードローンの金利は高い

カードローンは確かに10から18%くらいの高金利ですから、ついつい避けてしまいがちですけど、必要な額だけ借りられるので私のように借り過ぎる心配はありません。そしてATMでいつでも返済できますし、繰り上げ返済手数料もかかりません。

高金利といってもすぐに返済すれば、利息なんて少額で済みます。例えば給料日5日前にカードローンで5万円借りて給料が入ったら全額返済すると、金利が18%でも利息は約123円です。今はキャッシュカードで預金を下ろすとしても、時間帯や利用するATMによっては手数料が発生するので、無駄な出費はカードローンの方が安く済むかもしれません。

金利なしのカードローンがある

テレビCMでは消費者金融カードローンのいろいろなサービスが紹介されていますが、よくあるのが無利息サービスです。たいていは初めて利用してから30日間利息がかからないというサービスになります。

つまり給料日前にお金が必要になった時に無利息サービスのあるカードローンを利用し、給料日が来たら完済すれば利息ゼロということです。これは初回だけなので、同じカードローンは何回も使える手ではありません。

ただ無利息サービスがあるカードローンは多いので、金欠の時に違うカードローンを申し込めば、何回かは無利息でやりくりできます。そしてカードローンによっては1週間以内なら何度でも無利息という商品もあるんです。

毎月給料日の1週間以内にキャッシングして、給料日に完済するというやりくりをしていれば、ずっと利息がかかりません。実は私がこれを知ったのは最近なので、給料日1週間前にお金が必要になった時はこのカードローンを使うようにしています。

借りたって利息ゼロ円ですから、一切無駄なお金を使っていませんからね。

好きな時にお金が借りられるのすごく便利

通帳に預金がたくさんあって、しかも手数料なんて気にならないという人は使わなくてもいいでしょうけど、少しでも節約したい人はカードローンでやりくりするといいです。

ただこれは給料日にしっかり返済できる額まで借りる事が鉄則になります。カードローンは金利が高めなので、高額を借りて返済するのが長期間になるようだと節約にはならないからです。

完済とはいかなくても給料が入ったら大部分の借り入れを返済できるなら、カードローンでのやりくりはおすすめです。もし高額の借り入れで返済も長期間にわたってしまうようなら、カードローンではなく銀行融資の方が良いでしょう。

それでも今すぐ借りたいというのであれば、一旦カードローンで借りて銀行融資されたら完済するようにするといいでしょう。私みたいなサラリーマンもそうですが、専業主婦の方も給料日前はお金がないと大変でどうしようって感じだと思います。カードローンはそんな時にも役立つので、上手く使ってみるといいでしょう。