メニュー 閉じる

いつから始めたのか。泣かなか貯まらない五百円貯金

いつから始めたのだろう。これが溜まったら旅行に行こう!そう決めて始めた五百円貯金でした。初めは五百円玉限定だったのに、いつの間にか百円玉5枚でもいいと思うようになっていました。

いっぱいになると三十万円になるそうです。すべて五百円玉の場合そのくらい貯まると貯金箱に書いてありました。ですが、百円も入れているのでそこまでは貯まらないかもしれません。

以前までは五百円玉はもちろん、百円玉が5枚あれば率先して貯金箱に入れていました。しかしだんだんと五百円を貯金箱に入れる前に使ってしまうことが増えていきました。

貯金箱を持ってみますが、まだ3分の1も貯まっていないかもしれません。でも、この貯金箱、一度開けてしまったら二度と戻らないつくりになっているのです。アルミ製なのか?缶切りのようなもので開けるタイプの貯金箱です。

私の母も五百円貯金をしています。母はお釣りができるだけ五百円になるように会計時にも頭の中で計算をして支払いをしています。

無理に作ろうとするとしんどくなるから、五百円ができたら貯金する方がいいよ。と母は言っていましたが、言っていることとやっていることが違う気がする。

そう思いつつ私はいまだに五百円貯金を続けています。本音を言うと、続けていると自分に言い聞かせています。

今はあまり買い物をするということがない私。どのようにして五百円を貯めようかと考え中です。特にほしいものもないためお金を崩すこともないのです。

なので、貯蓄という方向に貯金目的を変えて貯金をしていこうと思います。これならば家計のために食費などお金を使い、五百円を出すことができるのではないかと考えました。

だからと言ってお金を使いすぎないように計画を立てて使っていこうと思います。そう決まると少し楽しくなった気がします。何かを計画するというのはそれだけで気持ちがウキウキしてくるものです。

しかし、いつになったらこの貯金箱を開ける日が来るのか。それは金のみぞ知る世界なのでしょうか。