日々の兆しとやっぱり夏にはかなわない事実

気温も28℃との先日、一応暦の上では5月になりました。梅雨もまだにもかかわらず、早くも夏到来したかのようなの気候です。
初夏を通り越して夏のようだったそんな先日は、休日ということもあり、遅く起き出してから淹れる朝カフェもこれだけ気温があればアイスカフェラテへ移行した一日でした。この朝カフェ作りがまた楽しいのです。この頃の暑い気候に合わせて一応夏支度も兼ね、あらかじめ作っておいた氷を取り出します。やっぱり冷凍庫に作り置きしておいて損はありませんね。
いつもなら何となく気だるくなってくるお昼下がりですが、その日は暑さ対策も兼ねて日中に熱めのシャワーを浴びたからでしょう、割とコンディションが良好でした。熱めの温度でのシャワーが気温へのフェイントをかけてくれたおかげですね。
さて、もう突入した5月。過ごしやすく、お出かけには打ってつけの時期です。ですがそれはそれとして、何となく夏を感じる画像やサイトを眺めていたりします。そんな矢先、最近とても素晴らしい夏のサイトに出逢いました。ものすごーく、夏のよさを気候と感情を対比させたり絡めたりしてうまいこと表現している夏画像の感想が書かれたサイトです。サイトの一部始終、一人で感動の嵐に浸っていました。
サイト管理者の方は謙遜しているのでしょうか、プロフィールに自分は取るに足らない人間で、大した人間ではないと綴ってありました。しかしながら個人的には、よくこんな素晴らしい表現ができるものだと脱帽するような表現力の持ち主だと思うばかりでしたね。夏のよさやそのときそのときの魅力がひしひしと感じられる写真ごとに、細やかに綴られた感想。その一つひとつはどれもが羨ましいぐらいの表現力です。
こんなこと書いていたら私も出かけたくなりました。自分がこれまでに知り得た、自然あまねくお気に入りの場所へと・・・今年の夏はどんな夏になるのでしょうか。結局大したことなんかできなくてもそれ自体が大イベントである夏のことです。うだる気候にゲンナリしながらも毎年懲りずに好きなのですから、ふしぎなものですね。私にとってこれが一番の夏の神秘かもしれません。
今年も夏は一年で一番大好きな、美しい季節なのでしょう。

投稿日: